• フコイダンはどんな働きをするのか

    海藻の薬効は古くから知られており中国最古の書物である「神農本草経」や日本の「本草和名」にも記されています。

    フコイダンに関する情報収集をサポートします。

    もずくはコブや腫れものを治しアラメは婦人病、昆布は13種の水種を治すとされています。

    その薬効効果は古くから私たちの生活の中に取り入れられてきました。フコイダンとは滑走類(昆布・わかめ・もずく)ヌメリ成分で水溶性食物繊維の一種です。

    化学的には硫酸化フコースを主とする高分子多糖類で、フコース以外にガラクトース・マンノース・キシロース・ウロン酸なども結合しています。「フコイダン」という名称は主成分がフコースが主成分である高分子多糖体を言います。フコイダンには免疫機能において重要な役割を持つ「NK細胞」(ナチュラルキラー細胞)や「マクロファージ」といった免疫細胞を活性化する働きがあります。

    フコイダンによるNK細胞の活性化は免疫力を高めて健康を保つにはとても有効です。食物繊維であるフコイダンには免疫細胞が最も多く集まり免疫機能に大きく関わる腸の状態を整えます。

    胃を守る効果もあり、ピロリ菌を除菌します。

    胃粘膜にある硫酸基に付くピロリ菌を吸い付けてそのまま腸へ流します。

    朝日新聞デジタルのことならお任せください。

    免疫機能が正常でないとアレルギー反応を起こし「IgE」が過剰に分泌されます。

    免疫機能を整えてIgEを抑える働きをします。
    現在では抗がん作用・コレステロール低下作用・血圧低下作用・抗ウィルス作用などさまざまな生理機能に関する研究が行われています。



  • 耳より情報

    • フコイダンは体に良いことは知っていても、間違った摂り方や買い方をしていては効果が半減してしまいます。そこで基本的なことだけでも知っておくと良いでしょう。...

  • 学びたい知識

    • 最近は様々な健康成分がありますが、その中でも注目の成分のひとつがフコイダンです。フコイダンとは昆布やメカブなどの海藻類に多く含まれる成分で特有の粘りの素でもあります。...

  • 最新情報

    • 健康志向が向上する近年では、その効果が大きく期待されてサプリメントの原材料としても活用されているフコイダンは、昆布やメカブといった海藻のネバネバした物質に含まれる硫酸多糖の一種です。フコイダンには免疫細胞を活性化する作用があり、中でもカゴメ昆布由来のフコイダンは人間の免疫システムをつかさどる為に重要なNK細胞の活性化を高める働きがあり、NK細胞は体内をパトロールしながら異常な細胞を発見するとその異常細胞を攻撃して、病気の発生や悪化を防いでくれるので、NK細胞の活性化は免疫力を高めて健康維持の為に非常に重要です。...

  • 健康をもっと知る

    • フコイダンとは、海藻のネバネバした多糖類という成分の一種になります。海藻が傷口や乾燥から守るためのものですが、近年ではその高い効果が注目されています。...