音楽専門学校を選ぶ際の4つの基準

subpage1

高校生活も半ばを過ぎると、進路について本格的に考えなくてはなりません。

その候補の中に音楽専門学校もありますが、「他に特に取り柄がなかったから」「入れば何とかなると思った」という理由で音楽専門学校を選択すると後悔することになります。
音楽専門学校を選ぶ際、以下の5つの基準をもとに入念に的を絞りましょう。



1.何になりたいかシンガーソングライターになりたいのか、スタジオミュージシャンになりたいのか、PA・レコーディングエンジニアになりたいのか、作曲家になりたいのかで選ぶ学校が変わってきます。
作曲家になりたいのに、「メジャーへの入口!」といううたい文句の所に誤って入らないようにしましょう。2.何を学びたいかギターやドラムなど楽器専攻なら、特にどんなジャンルをやりたいか、どんなプレイヤーになりたいのかをはっきりさせておくことが必要です。

ジャズを学びたいのに、ロックに精通した講師ばかりの学校に行くべきではありません。
3.機材・設備目当てで行くのもアリ作曲家を目指す方などは特に、レコーディングブースやProToolsHDシステムなど、音楽専門学校は専門的な機器・設備に触れる良い機会です。



最新の機材・設備を導入しているところ、触る機会が多いところを選びましょう。

4.講師で選ぶ業界・現場への橋渡しの役割がある、重要な要素です。



講師と仲良くなったら現場に連れて行ってもらえたり、人脈が増えたりします。

憧れの講師のいる学校、これが一番近道です。

他にも、個人によっては選ぶ基準があると思いますが、この4点は最低でも考慮して選びましょう。

学校の重要知識

subpage2

小さな頃からピアノを演奏してきた人の中には、ピアノの少しの音色の変化にも敏感に反応できる才能を身に付けた人も多いです。その才能を活かすために、ピアノの演奏技術だけでなく、ピアノを調律する技術を音楽専門学校で学んでみましょう。...

next

学校の秘密

subpage3

プロのミュージシャンや演奏家として生きていきたいという人が考える進路に音楽専門学校があります。しかし世の中には音楽大学や音楽短期大学というものもあります。...

next

知りたい情報

subpage4

カラオケが大好きだという人であれば、音楽専門学校の授業で歌わせてもらっているだけでも、良いストレス発散になる場合もあります。まるでカラオケボックスの中にいる時のように、とても大きな声を出して歌わせてもらえるからこそ、心から気持ち良さを感じながら歌っていられます。...

next

難しくない学校

subpage5

音楽専門学校は音楽理論の実践的な勉強から、各楽器の演奏技術の向上のための指導などを総合的に教えている学校です。専門学校なので入学金さえ支払えばどんな人でも入学できるので、プロの音楽家を目指す人が多く学んでいます。...

next